ノンガジェットぽちゃりん

思いついた話題について語り紹介するゆるめのブログです。

MOSに挑戦したらちょっと役に立った話。【Microsoft office specialist】

f:id:Poochary_443:20220206194700p:plain

私は、少し前からMOSという資格試験を受けています。
その試験勉強で培ったスキルがちょっとだけ役に立ったので、簡単に紹介します。

そもそもMOSって何?

初めてこの言葉を聞いた人は、なにそれおいしいの?モス?

f:id:Poochary_443:20220206195914p:plain

https://www.mos.jp/menu/detail/010340/1/ より

モスバーガーの美味しい風味が想像されることでしょう。
確かに美味しいですよね、モス。バーガー店では一番おいしいと感じますが、食べる回数は一番少ないですw。
話を切り替えます。MOSというのは略称で、タイトルにもある通り正式名称は「Microsoft office specialist」です。
簡単に言うと、Microsoft office(Word,Excel,PowerPoint etc...)の利用スキルを証明する資格のことです。
実は学生限定ではありますが世界大会が行われているほどのグローバルな資格なんです。
また、試験料は高いですが学割が効きます。

 

以下公式サイト➷

mos.odyssey-com.co.jp

どういう場面で役に立つの?

これが大事ですよね。箇条書きで紹介しましょう。

  • 就職試験(会社内でも)
  • 学校
  • 普段の生活

要するに、使おうと思えばどこでも役に立つ万能資格ということです。
と言っても、この資格をもっていること自体はそこまで評価されないそうです。
重要なのは、この資格試験に挑戦する過程で得られるスキルです。

得られるスキルって?

MOS試験では、各ソフトに合わせて細かいところまで利用技術を試す問題が易しく出題されます。
そのため、Microsoft office基礎を学べる試験として便利です。
得られるスキルは、「それらソフトの機能を応用できる力」でしょう。
この力により、たくさんの場面で活躍できる可能性がでてくるかもしません。

実際に役に立った話は?

タイトルからすればこれが本題ですね。

私が役に立ったと感じた場面は、学校での授業、部活の場面です。
授業では、パソコンでたまたまWordを使いました。
そこで学んだ力を活かすことにより、より完成度の高い資料を完成させることができました。
部活では、中トレ用メニューを考える際、Wordを使用しました。
ここでも力を活かして、見やすく分かりやすいメニューの作成ができました。

まあこんな感じですね。
ここから考えられることは、MOS試験の問題を繰り返し解くうえで身に着けたスキルが、経験となって実戦でも役に立っているということです。
この考えが学校だけでなく、会社や普段の生活にも当てはまると思うと、なかなか良い資格だなと思えますよね。

最後に

要するに私が言いたいのは、MOS試験を受けることによっていろんな場面で活躍できるようになるよ!」ということです。
もちろんこれは、Microsoft officeを使う場面に限られてきます。
しかし、情報社会の中でこれらのソフトは必ず使用する場面が出てきます。
少しでも興味がある人は、なるべく早いうちに試験を受け、officeの利用スキルを習得しておくことをオススメします。

ちなみに、私が試験勉強で使用した参考書、教本は以下です。

f:id:Poochary_443:20220206205414j:plain

www.fom.fujitsu.com

あとがき

最後まで読んでいただきありがとうございます。
いきなりですが、この度ブログ名を変更しました。
(「ガジェットぽちゃりん」→「ノンガジェットぽちゃりん」)
理由としては、カメラ、写真に関するブログを自ら更新するのは知識不足で無理があると感じたためです。
また、ブログでは、自分の言葉で表現,伝えることこそが大切であるとも感じました。
社会人になって余裕ができれば、もしかしたら写真関係も更新するかもしれません。
とにかく、雑記ブログになりました。
これからはより気楽に読んでいただけたら幸いです。